釧路交通さまキャラクター 霧汐うららちゃんの服風カスタムの件2

シャツの袖をアレしようの回です。
(ブログ内の画像はクリックすると大きくなります)



まずはベースのシャツがこちら

DSC_2333.jpg

袖がめちゃくちゃ幅広くてきゅっとなってる。
長さなど協議した結果、袖の先っぽカフス部分をがさっと取ってしまったくらいがちょうどいい丈だという事になったので、外します。


DSC_2334.jpg

この糸を解いて開く。
綺麗にきゅっとなってるので、中もギャザーを寄せて固定するように一度縫われているので、それも外して…



DSC_2335.jpg

ブォン、って広くなる。

シャツの袖ってカフスボタンがあって、その下? に手首を通しやすように切り込みみたいなのあるじゃないすか。
今回はそれが不要だから、そこのカバーしてる生地を外して、元の状態にして、接着芯を貼って強制的に1枚の布に戻します。写真はありません。何故。

何となく袖にいくらかハリというかボリュームが欲しいかなと思ったのでもう一枚少し厚めの接着芯も貼り足す。


袖を切って、そこに別布をかぶせてしまえば優勝と安直に考えた事が地獄の始まり。
上にかぶせるパーツというのがいかに大変であったか。

採寸してピッタリで作ると大体小さい。何故ってかぶせる本体分の厚みとかがあるから。
カッチカチ工業製品ではないので、右と左が超ぴったりというわけでもあるまい…という雑な考えで、
「幅だけ決めてあとはかぶせて縫いながらやっちゃえ」

というクソ思考が大いなる肩こりと流血(すぐ針を指に刺してしまう)の始まりであります。



全部完成するとこう。
これを踏まえてみたほうがわかりやすいと思います。



DSC_2339.jpg

裏側も色が見えるようにカバーしてます。





DSC_2337.jpg

まずは幅を決めます。

赤い布、ちょこっといる白い布、表に銀の布の3段仕様。
多少幅がずれてるのとかは許してください。
赤ドーン白ドーン上に銀、ではなくて赤は上と下で分かれていて白と白も分かれていて、それを銀が中継して1枚にしている、って感じです。

setumei0.png

待ち針ではちょっとうまくいかなかったのでしつけ縫いをして各パーツを固定。
つまり、しつけ縫いが4本あります。赤と白を留めるのと、白と銀を留めるのと、それが上下。


それを銀の上から一気にミシンでガーっと縫い。

次はかぶせます。





「いやです」となんとなく思ってしまったので、直接いくことにしてみました。

まずは出来上がりの位置を決め、そこにある程度ミシンで縫います。
でも端っこは斜めになってるので、その辺はうまいこと手で折って手縫いです。

この2行が地獄です。
多分型を作ってやったほうが10倍は楽だった。




一番楽だったろうなと思うのがかぶせるのではなくてその分の袖を切ってしまって色布を足してつけることだったと後から思います。ホントに袖のカフス部分を足すみたいな感じで。
もし袖を短くして別布を足そうとするなら元にかぶせることはおすすめしません。わたしだけかもしれませんが「やってしまった」と三途の川が見えました。



どうにかこうにか何とかなったので、調子に乗ってセットで預かっていたベストとネクタイも併せてみました。
うん、かわいい(●´ω`●)
DSC_2338.jpg


横で主張してるものはs-ditsの商品です。どうぞよしなに(うるさい)


では最大の敵、帽子編行きます

関連記事