釧路交通さまキャラクター 霧汐うららちゃんの服風カスタムの件3

一番の敵、帽子をどうにか頑張ろうの回です。
打ち合わせでも一番問題になったのはここです。
(ブログ内の画像はクリックすると大きくなります)





DSC_2340.jpg

元の写真を撮り忘れたのですが、端っこにいる赤い帽子がベースです。
これをすこ~し加工しましょう

まず本体がフェルトなので、かぶせる生地もフェルトに。
切り売りを買ってきました。

そしてふちの所をぐるんと白くします。


のだけど、真っすぐにきってくぼみを手書きで調整して切っていけるかな…とやってみたところ、ものの見事にうまくいかない。そうか。
元の北玄さまの絵を見ても、できればグループロゴは別にそこだけ付け足す、みたいな感じにしたくなった。


なので出来る限りは白を1枚でそのままロゴとふちどりをどうにかしましょう。


最終的な長や幅は調整するとして、とりあえずざっくりと巻けるための形や位置調整がいります。

それが最初の写真で、白フェルトの上に変なカーブをした白フェルトがあります。
失敗したやつを使ってぐるっと当てながら線を書いて…そうするとめちゃくちゃカーブしたものが出来ました。そりゃ直線じゃ話にならん。
この謎カーブ白を帽子にぐるりと巻き、手でグサグサ糸で縫い付けます。


それと別にロゴ問題。
最初行けるかな~と思ってコピックのオレンジで直書きしてみました。
結構綺麗にかけたのです。
下地の紫の線を消そうと水を書けたらこれです。


うなだれてそのまま布団に入りました。




どうするか…とオットと協議。いいアイデアをもらう。



DSC_2341.jpg

どん。


これを

DSC_2342.jpg

こうじゃ



DSC_2343.jpg

プリントアウトした紙を切って
直にしつけ糸で縫い付ける
画像拡大してもらうと縁取り以外にも無数針の穴があいてることがわかります。全然狙って刺せていないヘボです。




DSC_2344.jpg

糸を切り、見づらい部分をペンで上書き。
形に切り抜く。


接着剤で大体の位置に合わせて仮固定。
それを手縫いで縁を縫って固定。

DSC_2345.jpg

この写真は糸が見えなさ過ぎた謎

周りはカーブした変な形のフェルトにロゴ部分を足して裁断しています。
フェルトは解れないので助かる。




DSC_2346.jpg

調整をしながら少しずつ手縫いで周りに付けた図。
赤と白の境界辺りを留めてます。針を刺して裏に貫通させ、そして裏からまた表に針を刺して…途中途中の固定は待ち針を表から裏に貫通させて、裏から縫い針を引くときに時々指を刺す。あーこわいこわいいたいいたい。

ロゴをある程度自立させたかったので、ロゴ部のみ裏に厚めの接着芯+もう1枚フェルトでカバーをして縁を白糸でぐりぐり縫っています。固くはないので輸送時に折れる不安はあるけど、気を付ければそれなりに立ってるかと。

この後、下のかぶり口側も裏側に手縫いで留めてます。どるぅあああと叫びながらやってます。肩がこるので誰かマッサージ器を下さい。
引っ張り加減とか色々気に入らなくて3回くらいやり直しました。



もう1個問題があります。羽です。

タンチョウヅルなので羽の先っぽが黒い。イラストでも黒い。

そもそもフェルトに彩色というのが問題だという事はわかったのですが、もう今更の話です。
工程はこう↓


まず紙に下描きをし、フェルトを切ります。
ちょっと自立させたいので表裏に接着芯を貼ります。
黒をコピックで塗ります。乾かせば手につかないって誰かがブログで書いてました。
縁を手で縫います。接着芯とコピックによる生地の硬化で固いです。手で引けない押せないときは机などに押し付け、どうにもならん時はペンチを持ってきて針を引っこ抜きながら縫います。裁縫の仕方がトンチキですが、縫う人はミニペンチ持っておいた方がいいです。
どうしても一番上だけ綿を入れてボリュームを出したかったので、綿をいれながら何か手縫いします。

できました。



柔らかい布をスッススッスじゃないので線がガタガタです。
裏側の生地が足りていないのは最後帽子に縫い付けるとき折り返すから厚みを減らしたかったから。



DSC_2351.jpg


針を通す度にどうしても黒に触れるわけなので終了した指



ここまでやってからマジックでもよかったのではと気づき、上からマジックで更に黒を足しておきました。
更に防水スプレーを2度ほど吹いてみました。
テストした時には少しボヤけるけど大きなにじみはなかったので、洗濯厳禁はそのままでも少しは万が一にも耐えてくれるのではないかと思います。どうにもこうにもになったら羽外して作り直せばええ。





ここまで出来たらもう少々手縫いを部分足ししたりの調整をして、帽子にまたまた手で縫い付け。
ご覧の通り硬めの曲線た硬めの直線の対決なので、正直真っすぐの針では無理です。何とか端っこが出た針をペンチで引っ張りながら、手芸屋さんでみたU型に曲がっている特殊形状針をどうして買わなかったかと本当に後悔しながら深夜にやってました。



どうにかこうにか終了し、最後に帽子の固定方法です。

わたしはヘアアクセやヘアアレンジが異常に不得意な人種。何をどうすれば髪に留まるのか一ミリもわからない。本気で。
検索してはググってミニハットを固定するようなクリップを付けました。




DSC_2359.jpg

もちろん真っすぐじゃ形が合わないので、別に帽子のラインに大体合わせたフェルト台を作り、それにクリップを縫い付けます。手で。

ついでにパッチンピンもフェルト台をと共に付けました。




DSC_2354.jpg

最初に作って即作り直しになった単細胞な真っすぐヘアクリップのフェルト台





----
完成図はこちら


DSC_2355.jpg



DSC_2357.jpg



今見ればもうちょい黒を塗ればよかったとか思うところはありますが、それなりにまとめられたのではないかと思います。


あとはがんばっておくれと祈りを込めて(∩´∀`)∩


関連記事