企画モノ---ゴールデンカムイの服を雑につくったはなし 花沢勇作編(上半身のみ)③


あれ、③は大した内容がありませんな。


全体的にぐるりとグログランリボンで飾り付け


DSC_1179_2.jpg

女性のトルソーなので乳のでっぱりはご容赦。
ここで、真ん中に謎の生地がついてます。

肋骨服の飾り紐ではさすがに服を固定はできません。
いくつか見た所、ホックをつけてとめているっぽいのですけども、先述の通りドラマーさん。ホックだと外れるわ。

で、スナップボタンにしようと思って布をつけた所でした。


ところが何かの不具合が生じ、気に入らなくて当てた布を投げ捨てる。ちがうんだやっぱり、ボタンじゃないんだ…



その結果、オープンファスナーを縫い付けました。
どうやったかは忘れましたが、とにかくある程度はぴったり合わさるようにしなければなりません縫って合体させてはズレていて、合体させては最後開きすぎており、とこれもまた4~5回ちぎっては投げを繰り返す……ああ、ファスナーの部分の裏だけ布作ったのだったかな。覚えてないや、へへ。





ここまで来たら最後は肋骨服のヒモ。
そもそもこの企画が持ち上がった際、最初に問題になったのがこのヒモ。
このヒモは一体全体何か。どうやって結んでいるのか。
めっちゃググった。なんでもググる。

そうすると、それっぽいヒモを自作してらっしゃる方がいた。神である。作り方の公開もしてくれていた。絶対神である。
と、いうことでそれを参考にどうにかこうにかさせていただきました。


ヒモも今回使用したのはなんか芯がスポンジっぽくて表面がテッカテカ生地(そして処分品なのか1m100円くらいだった、安い)



IMG_20190129_133541_2.jpg

ここまでくると画質という概念はない

肋骨服っぽいヒモはボタンみたいな感じで穴と玉にわかれるので、配置で長さは変わったりしつつトータルで9mくらい使って、どこか1本向きを間違え作り直したので10mほぼほぼ使った気が。

普段は洋モノを作ってるほうの人なので、当然ながら釈迦結びとか殆どやったことのない。わかりやすいサイトをガン見で練習である



で、それを位置合わせて手縫いでぐりぐり縫い付けて…かんせい。
ボタンホールの残骸はヒモで多少見えにくくはしてますが、隠しきれていない部分もあります。ま、遠目にはわからないだろう解ったところでだからどうした。






IMG_20190129_133541.jpg




それっぽいものをどうにかなるものである。
既製のコスプレ服をカスタムした、とはいえサイズオーダーで作ったらしく、注文から届くまでしばらく日がかかるし当然ながら万超えているわけですし、まぁ失敗すると怖いです。破れたらどうしようか、でも逆に周りでやれる人は自分しかいない。
何とかなるものです(∩´∀`)∩





ご着用者様、細身の男前なのですけど、漫画でも面長のイケメンって感じたっぷりじゃん。
でもそもそも勇作死んでるじゃん。基本的に帽子で目伏せられてるじゃん。
ということで実際は目を隠したスタイルになるのですが、この世で一番花沢勇作じゃないかというビジュアルでした。きっと冥府から出てきたと思う。




関連記事