企画モノ---ゴールデンカムイの服を雑につくったはなし エノノカ編①序文

このライブイベント1回のために作ったけど、その日に限って神は味方してくれなかった。
おかしいなあそんなに日ごろの行い悪かった? ごめん(´;ω;`)
当日、準備の会場で荷物を開けると、ベルトと首飾りが壊れるという謎事案が起こりました。
着る際の手間、通常なら破損しないであろう状態だったはずなのに、糸が切れ、固定が外れた。
この1日のための準備が。ああわかっています、s-ditsとしては耐久性を意識しているはずなのに、何故この1日のためのものを疎かにしてしまったのか。完全に自分の失態。
幸いにも目立つ上衣と帽子は無事で、ほとんど客前に出る位置ではなかったので事なきを得ましたが、が。。。

まあ折角着たもののBBAな自分の顔との乖離がひどすぎた、とかいうそもそもなこともありつつも。
それはそれこれはこれとして、あくまでの製作ログとして。
今後誰かかわいい子がコスをすることがあるのなれば、見ることがもしあればの参考にでもなれば。


本当はアシリパさんの服セットを買ってちょっとカスタムすればいいや…と思っていたら、思った以上になんかいっぱい違う。そもそも着丈からして大分長い。
なので、既製カスタムでもなく、今回はフル製作と相成りました。

最低限必要なものは上衣・ベルト・帽子。
余裕があれば首飾りとミトン。小刀は捨てた。
(ミトン作っておけばよかった)


解ってますレイヤーさんからしたらクソ低難度だということくらい。変な立体があるわけでもないし。
ワイ……服作れないの。


----


この樺太アイヌの幼女、色情報が一切見つけられなかったため捏造するしかなかったです。

一応、衣装を作るための資料的な感じが欲しいのでアイヌの服をググり(グーグルさんマジ感謝)、装飾品をググり、博物館に行ってみたり、アイヌフェスティボーに行ってみたり。
北海道アイヌと樺太アイヌで違うところは多いだろうけど、それでも見ていないよりはマシです。
フェスティボーで刺繍か彫刻の無料体験もあったので、申し込んでおけばよかった。


と、いう序文と共に、とりあえず公開できる状態である帽子を…




関連記事